2006年09月01日

2006/7/8 松下中央合唱団 第31回定期演奏会 ― Zwei

 今回こそは、短く書いてみよう、と心に決め、
 実はこの紙面に「Zweiで打ち止め!」などと
 偉そうに書いていたのですが。

 こんにちはばっくすぺーす。

 ダメです。全くダメです。
 わりと短いかな、と思わないでもないですが、
 それは私の基準であって、世間様の基準じゃない。

 全部を書ききってしまうのは無理そのものです。
 いや、書いた私自身はさらっと読めるんですが、
 せっかく読んで下さる方がいるかもしれない訳で、
 負担になる(と私すら思う)ような分量で公開に踏み切る訳にはいきません。

 という訳で、苦渋の選択と申しましょう、
 今回も次に続く形で、筆を置きたいと思います。

 このブログは、当分、長文の呪いから脱しそうにありません…。

演奏会報告へ
posted by kiriboshidaikon at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 演奏会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月31日

2006/7/8 松下中央合唱団 第31回定期演奏会 ― Eins

 速報じゃないよな、などと思いつつ。
 先月の頭に行ってきた、演奏会ラッシュの一角です。

 旬を逃した演奏会報告で、
 しかも熟成にはまだ短い期間しか経っておらず、
 なんとも言い難い微妙な時期の更新で申し訳ないです。

 今年の後半(7月も後半に入りますが)は、
 演奏会に行ける頻度が下がりそうな感じがしますし、
 こうして前半にあった演奏会を思い出しながら、
 後半の演奏会も大事にしていきたいな、と思います。

演奏会報告へ
posted by kiriboshidaikon at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 演奏会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月30日

旅先で 2

 更新が完全に死に絶えていました。
 原因は明確です。我らが関西の暑さが原因。
 この一月は完全にばててました。

 富士山登頂も、わりときましたね。
 実際に登ってるときも倒れかけましたし、
 貧弱で売っている私には荷が重たかったかな。

 他にも外出のネタがあって、忙しかったのもありますが、
 それによる疲労の方が圧倒的に問題でした。

 生存報告も兼ねて、先月の記録を書き残しておきたいと思います。

続きを読む
posted by kiriboshidaikon at 17:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月29日

旅先で 1

 身のない更新が続きますが(汗)、まあ良いですかねえ。

 山登りの前に、温泉に来ております。
 温泉は良いですね。生き返る感じ。
 頭にタオルでも載せて、極楽極楽、などと呟いたり。

 緑が深いですから、空気が清澄です。
 秋には紅葉が鮮やかでしょうね。見てみたいものです。
 機会があれば、また来たいものですよ。これは。

続きを読む
posted by kiriboshidaikon at 11:32| Comment(0) | TrackBack(2) | 日々つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月27日

再び出先から。

 前回のような記事を書いておいて、更新の途絶はまずいですね。(汗)

 身のある更新をしたいのですが…。
 ちょっと山に登るので、来週までは正式な更新を止めておきます。
 メール投稿は幾らかするかもです。

 今日までに記事を一つか二つ、書き上げておきたかったんですが…。
 まあ、過ぎたる過去を悩むより、これからの更新を考えることにします。

続きを読む
posted by kiriboshidaikon at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月22日

一安心。

 かなり遅れてしまいましたが、
 豊中混声合唱団さんの演奏会報告は、
 なんとか終えることが出来ました。

 先週中のつもりが、今週末辺りにずれ込み、
 ホント申し訳ない次第です。
 のんびりしたブログではありますが、
 宣言したからには、やらんといかんですね。
 ジェンツのCDや、演奏会報告もやらんとなあ。


 体調は持ち直し気味で、
 あともう一息で復活、というところでしょうか。
 挽回のつもりなのか、調子が戻って嬉しいのか、
 やけくその様に幾つか記事を書いて、
 ストックを作っていこうとしています。

 書かなきゃならん記事を早く済ませて、
 書きたい記事に早く取り掛かりたい、と思う次第です。

続きを読む(またサッカーネタか)
posted by kiriboshidaikon at 02:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豊中混声合唱団 第46回定期演奏会 − Drei

 実は今回、少し慎重に書き進めています。

 シュッツ合唱団やカンテムスのような団体だと、
 心の底からの感動と共に、技術的にも満足します。
 技術的な部分での感動も多いです。
 歌い手からすると、この手の団体は驚異そのものですしね。

 一方で、今回のような、
 アマチュアらしいアマチュア団体の場合、
 まあ、そもそも感動が無ければ書かないんですが、
 技術的には不満が残る場合もあります。

 この部分の書き方が難しい。
 その存念については、いずれ書こうと決めているので、
 この場では割愛いたしますが。

 ただ、まあ、書き手が関西人ですし、
 ちょっっと歯に絹着せぬ表現を使うやもしれませんが、
 このブログでは私、正直にありたいと思ってますので、
 その辺は勘弁してやって下さい…。

演奏会報告・後半へ
posted by kiriboshidaikon at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 演奏会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月16日

出先からこんにちは。

 携帯からの更新がどんな感じになるか、実験気味に更新です。

 体調を崩し気味で、ここ数日、まともに更新が書けてません。
 半端なところで止めてしまって、豊中混声合唱団の皆さんには申し訳ないです。
 今週中に書き上げる予定が…ちょっときついかも。

 今日は京都に来てます。
 祇園祭の類かな? 人がやたらといますねえ。
 浴衣美人の艶姿は、眼福と申しますか。
 まあ、そんな艶やかな人がいるのか、と聞かれたら困ります。
 こういうのは気分が大事。

続きを読む
posted by kiriboshidaikon at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

イタリアに!

 祝福だとか、感謝の言葉だとか。
 とにかく、イタリアおめでとう!

 後半以降に関しては、
 フランスがゲームを動かしていた感じでしたが、
 最終的にPK戦を打ち破ったのは、イタリア。
 この際、ド素人が偉そうに、
 試合の内容を論評しようなどとは致しません。
(前回、前々回にやってるだろ、とか思ってはいけません)

 イタリアおめでとう!
 フランスも良い試合をありがとう!

サッカーネタが多くて…(ジャンルが音楽じゃない)
posted by kiriboshidaikon at 06:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

豊中混声合唱団 第46回定期演奏会 − Zwei

 前回の報告では、詩人についてばかり書いていて、
 何の報告なんだと、お叱りを受けそうな勢いですが。
 Einsはそういうノリ、ということで悪しからず…。

 自分が勉強したいという気持ちもありましたが、
 挙げた2曲に関わらず、今回の選曲は、
 音楽における詩の位置づけが、割合高めだったような、
 そんな印象を受けたために、
 より丁寧に書かせていただく結果となりました。

 詩が上位にくると言うのは、
 まだ書いている途中の講習会報告で書いた、
 伊東先生の言葉が頭に浮かんできます。
 その意味で、伝統的な日本の合唱音楽の路線、
 という印象は、後付ながらありますね。

続きを読む
posted by kiriboshidaikon at 21:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 演奏会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。