2008年04月11日

ネットラジオ音源紹介 その1


※ この記事の音源紹介としての役割は4月21日までです


 ネットラジオについては妹ブログに任せるのが通常ですが、
 煩雑になると自分として使いづらくなるので、こちらで。

 その1では、スウェーデン放送合唱団によるバッハ、マタイ受難曲を。
 実に初回に相応しい、素晴らしい演奏です。
 バッハやマタイに興味の無い方でもお勧めします。

(マタイなどの受難曲では、受難のストーリーが当然ながら重要なので、
 前以て調べておく事が必要条件にはなってしまいますが。
 知っているのとそうでないのでは、曲の聴き方に雲泥の差があります。
 末尾にリンクした Wikipedia の記事で、凡その流れは掴めますが、
 他にも優れた紹介サイトは多いので、検索してみて下さい)


 今回が1と言う事で、アーカイブページまでの行き方も書いておきました。
 以後の記事では、リンクを貼っておくのみの予定。



【聴き方】

 スウェーデン放送のアーカイブの聴き方が分からない方用に。


1. スウェーデン放送(SR)のP2のページへ行く(こちら

  スウェーデン放送では一か月分、アーカイブが存在します。

2. アーカイブのページに行く

  近道は、画面右側の「→ 30-dagarsarkivet」をクリック。
  見た感じで、「30 days archive」と予想できる辺りが良いですね。

3. Program から P2 Live Klassiskt を選択する

  左側の枠の所の話で、番組ごとのページに行けます。
  他だと、Klassisk förmiddag も重要な番組です。

4. P2 Live Klassiskt : Matteuspassionen av J S Bach のリンクをクリック

  fredag 21 mars 2008 19:30 の所ですね。
  演奏者が書いてありますが、Radiokören が放送合唱団です。

5. ファイル形式を選択する(初めての方)

  Windows Media Player か Real Player か、
  選択画面が表れてくるはずなので選択下さい。spara が決定ボタンです。
  Media のブロードバンドで96kbpsですので、参考まで。

6. 後は聴くだけ

  1時間区切りで番組が切られているので、
  途中でバスの歌声が途切れていても諦めて下さい。



【所見】

 いや、所見と言うほど大それた物でもないんですが。

 先ずは、ネットラジオを初めて聴く方用に。

 パソコンのスピーカーで聴くのは、正直お勧めできません。
 良いイヤホンがあれば、それで聴くのも有りでしょうが、
 所持しているスピーカー(コンポ)に繋いで聴くか、
 録音なりダウンロードなりして他の媒体で聴くのがお勧めです。

 録音は、mp3で録音してプレイヤーで聴くのでも良いし、
 wavで録音して、CD-Rに焼き付けてもおkです。
 個人で楽しむ分には、法的な問題はないですから。

(これが、p2pで配布したり、自分のブログなんかに上げたりすると、
 法律上で問題が発生してくる訳なんですが)


 では、肝心の演奏について。

 響きの豊かさ、繊細さ、透明感など、流石はこの合唱団です。
 例えば序曲の美しさは、この合唱団で聴けるのが幸せだと感じられる程。
 ネットラジオでの事、音質上の問題はありますが、
 二時間半、十二分にバッハが満喫できる事と思います。

 ただ、ダブルコーラス(オケ)の恐ろしさでしょう、
 1部の終曲コラールなどで縦が多少乱れる箇所があります。
 些細な傷で、演奏全体に影響するものではありませんが、
 やはりバッハは恐ろしいと思ったりします。


 番組の日付で既にお分かりかと思いますが、
 聖金曜日に現地で行われた演奏会の生放送です。

 欧州の受難週を思いつつバッハを聴くのは、中々良いものかと。



【参考リンク】

・Wikipedia の該当ページ(こちら

 ネット上に多くの紹介ページがありますが、とりあえずここ。
 曲を聴く上で参考までにどうぞ。

・CPDLのマタイ受難曲ページ(こちら

 合唱パートのみですが、楽譜とmidiがあります。
 コラールなんかでは、結構使えるかと。

・ブログ Kuehn Style の記事(こちら

 今回の放送について記事にされておられます。
 クラシック専門のブログのようで、今回初めて知りました。

 どうでも良い話ですが、
 他の記事でオランダ放送(NL-4)にアーカイブがある事を知って驚愕しています。
 ああ、あと一週間早ければ、プーランクが…。

posted by kiriboshidaikon at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ラジオ放送関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/92947699

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。