2007年09月19日

北欧ラジオ 9月17日〜9月23日

 更新が遅れてしまって申し訳ないです。

 今回の更新分は、基本的に水曜以降に重点を置いています。
 それ以前の分は、スウェーデン放送をちらちら確認していた分だけ。

 ノルウェー放送で、リトアニア放送合唱団の演奏会放送があったりして (火曜)、
 血涙を流しそうな勢いですが、確認していない自分が悪い訳で。
 ゴットヴァルトの編曲物とか、結構良いのを演奏してたのに…。


【スウェーデン(SR P2)】

 9月17日(月) 17時03分〜19時半 (現地10時03分〜) 3/4
 Johannes Moesus指揮
 北ドイツ放送合唱団
 Antonio Rosetti : オラトリオ “Jesus in Gethsemane”

→ロセッティは18世紀の作曲家
  Nordtyska radions kör がピンと来なかったが調べてやっと分かった


 9月19日(水) 17時03分〜19時半 (現地10時03分〜) 4/5
 Gustaf Sjökvist指揮
 スウェーデン放送合唱団
 ブラームス : Two motet op.74

→録音ミスで録り逃してしまった
  Warum は好きな曲なのでちょっと残念
  曲目は以下の通り

Warum ist das Licht gegeben dem Mühseligen
O Heiland, reiss die Himmel auf.


 9月21日(金) 02時半〜04時25分 (現地前日19時半〜)
 Osmo Vänskä指揮
 フィンランド放送男声合唱団
 J.Sibelius : クレルヴォ

→カレワラを題材に取ったシベリウスの作品
  シベリウスの男声合唱は欠かせず、興味深いところである


 9月22日(土) 23時40分〜24時 (現地16時40分〜)
 Sören Birch指揮
 スウェーデン放送合唱団 (2000,Brännkyrka, stockholm)
 Otto Olsson : 三つのラテン語による合唱曲

→邦訳は勝手にさせてもらった
  オルソンも外せない作曲家ながら、あまり聴いていないので楽しみ


【デンマーク(DR KLASSISK)】

・DR P2

 9月23日(日) 22時03分〜23時 (現地15時03分〜)
 Fredrik Malmberg指揮
 デンマーク放送ヴォーカル・アンサンブル (2007/9/18,コペンハーゲン、ガリソン教会)
 D.ブクステフーデ:Jesu dulcis memoria
 ブクステフーデの主題によるオルガン即興演奏
 S-D.サンドストレム:Ich habe genug
 D.ブクステフーデ:Der Herr ist mit mir

→NORDIC FORESTさんのところで見かけた放送 (記事はこちら
  中々面白そうなので気にしておきたい
タグ:ラジオ 北欧
posted by kiriboshidaikon at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ラジオ放送関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56147848

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。