2007年08月22日

メモ12 Sydvästtyska radions vokalensemble, Stuttgart(合唱団)

 SWR シュトゥットガルト放送声楽アンサンブル

 タイトルはスウェーデン語ですが、
 ドイツ語では SWR Stuttgart Vokalensembleですね。

 名前の見た感じでは聞いた事のない合唱団で、良い演奏をしてますんで、
 どこの合唱団なんだと思っていましたが、
 やはり有名所の合唱団だったんだなと納得。


 紹介ページは沢山あるでしょうが、
 とりあえず、SWR.deの紹介ページをリンクしておきます。(こちら

 詳しくはリンク先を参照頂ければ良いのですが、
 幾つかだけ情報をピックアップしておきますと、


・1946年に設立
・ア・カペラを中心としたレパ
・現代作曲家の初演も多く行っている
・その例として、Toshio Hosokawa(細川俊夫)など
・2003年よりMarcus Creed氏が音楽監督を務めている


 国内や海外での演奏や、レコーディング、
 オケとの競演も盛んに行っている団体で、
 プロの放送合唱団の活動の典型例なのだろうな、と思ったりもします。

(スウェーデン放送合唱団も同様の活動を行っていますし)


 緻密なアンサンブルを聴かせられる一方、
 オケに負けない音量と音圧を出した演奏も出来る、
 現代のプロらしい実力を備えた合唱団です。

 スウェーデン放送でも放送される機会がちょくちょくあるので、
 気にしていこうかな、と思っています。


【放送された曲】

 ナイチンゲール/室内にて/夢に見た栄光(ベルク作曲)

→ゴットヴァルト編曲による物で、元は声楽曲
  こちらで放送されました

  詳しくはベルクの項を参照下さい


 ミニョンのためのミサ(シューマン作曲)

こちらで放送されました
  まだ十分には聴けていないので、保留にしておきます


【レコーディング】

※手元の音源が増える→CD紹介記事→リンクする という流れの予定


posted by kiriboshidaikon at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 個人メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。