2007年08月11日

北欧ラジオ 8月13日〜8月19日

 今回はちょっとだけ早めの更新。
 お盆は少し遠出してきますので。

 その間の録音をどうするかが目下の課題。
 もうパソコンを付けっ放しにしようかと。壊れそうだなあ。


【スウェーデン(SR P2)】

 8月13日(月) 06時半〜06時45分(現地前日23時半〜)
 ピーター・ダイクストラ指揮
 スウェーデン放送合唱団(2006)
 パーセル(サンドストレム編曲):Hear my prayer(1986)
 Thomas Jennefelt:O Domine (1986)

→イェネフェルトはスウェーデンの作曲家
  O Domine は知られた作品である模様


 8月13日(月) 17時03分〜19時半(現地10時03分〜)
 Gustaf Sjökvist指揮
 スウェーデン放送合唱団(2005)
 Lars-Johan Werle:Nautical preludes(航海への前奏曲)

→ヴェーレもスウェーデンの有名な作曲家
  なんか氏の切手とかもあるそうな


 8月14日(火) 04時50分〜05時(現地前日21時50分〜)
 エリック・エリクソン指揮
 エリック・エリクソン室内合唱団(2004)
 Ingvar Lidholm:Canto LXXXI(第81の歌/1956)

→リドホルムのア・カペラ曲集から
  この曲集は教育用のもののようで、その中でも特に高名な曲


 8月14日(火) 17時03分〜19時半(現地10時03分〜)
 ピーター・フィリップス指揮
 タリス・スコラーズ
 John Taverner: Western wynde mass

→英・BBCからの提供でこういう演奏もされる模様
  ちなみに、現代のTavenerの方では無いので注意


 8月15日(水) 17時03分〜19時半(現地10時03分〜)
 Gustaf Sjökvist指揮
 スウェーデン放送合唱団(1999)
 Richard Strauss:Hymne

→リュッケルトの詩による曲
  作品リストを見ても該当の曲が見当たらない不可思議


 8月16日(木) 04時〜04時15分(現地21時〜)
 Mats Paulson指揮
 Lunds studentsångarförening(Lunds大学合唱団?/2004)
 Wilhelm Peterson-Berger:Finsk idyll(フィンランドの牧歌?/1903)

→ベリエルの演奏でルンド大学男声合唱団の名を発見
  男声の演奏ならほぼ間違いないだろう
  ベリエルは19世紀末〜20世紀のスウェーデンの作曲家


 8月16日(木) 17時03分〜19時半(現地10時03分〜)
 トニュ・カリユステ指揮
 スウェーデン放送合唱団(1996)
 ブリテン:Rejoice in the lamb(1943)

→伴奏にはオルガンのみ付いている模様
  戦時中に書かれた曲で、中々興味深そうな曲である


 8月17日(金) 04時半〜04時40分(現地前日20時半〜)
 Cecilia Rydinger Ahlin指揮
 Allmänna sången, Uppsala(ウプサラ大学合唱団/2003)
 ラウタヴァーラ:Die erste Elegie(1993)

→ウプサラと言えばオルフェイだなどと思う
  この合唱団名が↑の原語と気付かず飛ばしかけた
  この合唱団、名前は聞くが聴くのは初めて


 8月17日(金) 17時03分〜19時半(現地10時03分〜)
 Andrew Parrot指揮
 Taverner Choir, Consort and Players. New London Chamber Choir.
 モンテヴェルディ:聖母マリアの夕べの祈り

→モンテヴェルディ作品でも高名なvespro演奏
  BBC 提供による、実力の程は不明


 8月18日(土) 17時〜19時(現地10時〜)
 ピーター・ダイクストラ指揮
 スウェーデン放送合唱団(2006)
 J.S.バッハ:Komm, Jesu, Komm

→バッハのモテットの中でも特に好きな1曲
  これは聞き逃せない(個人的に)


 8月19日(日) 20時〜21時(現地13時〜)
 Fredrik Malmberg指揮
 ヤン・サンドストレム:Biegga Loute-Jojk för fjällvinden(山の風に寄せるヨイク/1998)
 マーラー:Ich bin der Welt abhanden gekommen.

→ヤンの方のサンドストレム氏の作品が聴けるのは大いに楽しみ
  マーラーの作品はゴットヴァルト編曲による絶品、必聴のもの


【ノルウェー(NRK Alltid Klassisk)】

 8月13日(月) 00時03分〜02時03分(現地前日17時03分〜)
 Robert Spano指揮
 San Francisco Symphony Chorus
 ブリテン:Spring Symphony, op. 44

→ブリテンの作品はなるべく聴きたいところだが
  何となく名前に惹かれるところ


 8月13日(月) 05時〜07時05分(現地前日22時〜)
 Esa-Pekka Salonen指揮
 フィンランド室内合唱団(?)、タピオラ室内合唱団
 マーラー:交響曲8番

→マーラーの交響曲群も課題の一つ
  タピオラ室内合唱団は注目しておきたい合唱団の一つ


 8月16日(木) 03時03分〜06時03分(現地前日20時03分〜)
 Heinz Karl Gruber指揮
 BBC Singers
 Heinz Karl Gruber (f. 1943): Hidden Agenda (UK Première)
 Kurt Weill (1900-1950): Kiddush, for tenor solo, kor og orgel
 Hanns Eisler (1898-1962): Liturgie vom Hauch, op. 21/1
 Hanns Eisler (1898-1962): Über das Töten, op. 21/2
 Hanns Eisler (1898-1962): Ferner Streiken: 50'000   
 Holzarbeiter, op. 19/1
 Kurt Weill (1900-1950): Berliner Requiem “'Legende vom toten Soldaten”
 Heinz Karl Gruber (f. 1943): Frankenstein!!

→手抜きで申し訳ないところ
  どれが合唱のものか確認していない


 8月16日(木) 17時03分〜19時(現地10時03分〜)
 John Scott指揮
 Choir of St. Paul's Cathedral
 アレグリ:Miserere

 William Christie, dirigent指揮
 Les Arts Florissants
 モーツァルト:Ave verum corpus

→時間が被っているのは辛いところ


 8月18日(土) 00時03分〜02時(現地前日17時03分〜)
 William Christie指揮
 Les Arts Florissants
 モーツァルト:レクイエムより Lacrimosa

→この一曲だけのために予約するのも…という放送
  特に編曲者が明記されていないのが辛いところ


タグ:北欧 ラジオ
posted by kiriboshidaikon at 00:50| Comment(0) | TrackBack(1) | ラジオ放送関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/50876610

この記事へのトラックバック

Tchaikovsky: 1812 Overture & Other Orche
Excerpt: 自分のオーディオからこんなすごい音が出るなんて驚きです。あの大砲の音を聞いただけで驚きました。SACDは本当にに可能性を秘めたシステムだと思います。CDの欲求不満を吹きはらしてくれたと思います。新譜は..
Weblog: 作曲家の感想
Tracked: 2007-09-26 04:25
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。