2007年08月06日

北欧ラジオ 8月6日〜8月12日

 CDとして保存してある分が増え始めました。

 時間を食うのはファイルの編集です。
 作業自体は単純なので、編集中は他の事が出来ますが、
 編集中に録音の予約が始まって、ひどい目に遭ったのも何度か。

(Windows Media Player の立ち上がりが遅くなっちゃって、
 立ち上がるまでに目的の曲の放送が始まってたのがちらほら)

 ちゃんと時間を見合わせてやるべきだな、と少し反省しております。

※9日にデンマーク放送を追加しておきました
 今回もNORDIC FORESTさん頼りです、多謝多謝


【スウェーデン(SR P2)】

 2007年8月6日(月) 05時〜06時(現地前日20時〜)
 Anders Eby指揮
 ミカエリ室内合唱団(2004)
 モンテヴェルディ:6声のマニフィカト
 ペルト:マニフィカト(1989)
 バッハ:マニフィカト

→マニフィカトのみによるプログラム
  モンテヴェルディの作品は、いわゆるVesproの終曲
  見逃せないプログラムに、実力ある合唱団の組み合わせ


 2007年8月6日(月) 17時03分〜19時半(現地10時03分〜)
 Sören Birch指揮
 スウェーデン放送合唱団
 Arne Mellnäs:Solsången(ラウデ・太陽の賛歌/1994)

→メルネスはスウェーデンの作曲家
  2002年にお亡くなりになった、現代の作曲家である
  日本に滞在していた時期を持つようで、興味深い作曲家である


 2007年8月7日(火) 02時55分〜03時半(現地前日19時55分〜)
 Stefan Parkman指揮
 スウェーデン放送合唱団(2003)
 パレストリーナ:教皇マルチェルスのミサ?

→パレストリーナの代表作の演奏
  深夜の放送は、各作曲家の代表作を演奏するから見逃せない


 2007年8月7日(火) 17時03分〜19時半(現地10時03分〜)
 Fredrik Malmberg指揮
 スウェーデン放送合唱団(2003)
 シャルパンティエ:Dixit Dominus

→シャルパンティエはフランスのバロック時代の作曲家
  未だ聴いていない曲なので楽しみ


 2007年8月8日(水) 17時03分〜19時半(現地10時03分〜)
 Stefan Parkman指揮
 スウェーデン放送合唱団(2003)
 ノアゴー:Singe die Gärten(1974)
 Sven Ahlin:Dröm om Elysium(エリジウム(=楽園)の夢?)
 Hans Werner Henze:Orpheus Behind the Wire(鉄条網の向こうのオルフェウス/1981-1983)

→ノアゴーは最近の演奏で、これは楽しみ
  アリーンの曲で、エリジウムというと、第九の主題で知られる言葉
  ヘンツェの曲は、アルゼンチンの軍政に反対する目的で書かれた曲だそうな


 2007年8月9日(木) 17時03分〜19時半(現地10時03分〜)
 Mats Nilsson指揮
 スウェーデン放送合唱団(1990)
 Lars Ekström: Den sovande i dalen(谷で眠るもの? 1984)

→エークストレムもスウェーデンの現代作曲家
  HPらしきものもあったが、未だ読めていない


 2007年8月10日(金) 17時03分〜19時半(現地10時03分〜)
 ガーディナー指揮
 モンテヴェルディ合唱団
 J.S.Bach:Kantat nr 24, "Ein ungefärbt Gemüte"

→大家によるバッハの演奏
  モンテヴェルディ合唱団はそれなりに安心できる演奏家


 2007年8月11日(土) 17時〜19時(現地10時〜)
 Nikolaj Kutuzov指揮
 Sovjetiska radions ryska kör(ソビエト連邦放送合唱団?)
 二つの収穫歌(kolchosens ängderのコレクションより、1971)

→色々と調べてみたがよく分からなかった
  有名な作曲家ではあるようだが


 2007年8月12日(日) 06時35分〜07時
 Stefan Parkman指揮
 スウェーデン放送合唱団(2003)
 リドホルム:...a riveder le stelle(さらば星たちよ)

 Patrik Ringborg指揮
 同合唱団(1990)
 Ture Rangström:セレナード

 Per Borin指揮
 同合唱団
 Goffrid Berg:Tre latinska hymner(3つのラテン語による賛歌?)

→全員、スウェーデンの作曲家である
  ラングストレムの曲は、歌曲版もあるが、混声の曲だろう
  ベリの曲は、Veni creator spiritus、Miserere 、Ave Mariaの3曲


 2007年8月12日(日) 20時〜21時(現地13時〜)
 Colin Mawby指揮
 アイルランド国立室内合唱団
 ティペット:われら時代の子より(5つの黒人霊歌?)

→ア・カペラであれば括弧内の曲
  われら時代の子はナチのユダヤ人迫害をテーマにしたオラトリオ作品で、
  高い評価を受けているようである


【ノルウェー(NRK Alltid Klassisk)】

 2007年8月7日(火) 22時03分〜24時(現地15時03分〜)
 ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮
 ウィーン楽友協会合唱団(1947)
 ブラームス:ドイツレクイエム

→有名曲だが、えらく古い演奏だなと思ったりも


 2007年8月8日(水) 05時〜07時05分(現地前日22時〜)
 Sergej Krivobokov指揮
 ニダロス大聖堂合唱団
 ラフマニノフ:晩祷(徹夜祷)

→先日の放送の再放送


 2007年8月9日(木) 00時〜02時05分(現地前日22時〜)
 Sergej Krivobokov指揮
 ニダロス大聖堂合唱団
 ラフマニノフ:晩祷(徹夜祷)

→先日の放送の再放送・再び


 2007年8月9日(木) 03時03分〜05時05分(現地前日20時03分〜)
 Manfred Honeck指揮
 スウェーデン放送合唱団(2006年9月1日)
 ハイドン:オラトリオ“四季”

→ヴィヴァルディとハイドンの四季で、四つの季節を演奏する面白い企画
  ヴィヴァルディでは夏と冬、ハイドンでは春と秋を演奏する


 2007年8月11日(土) 17時〜19時(現地前日10時〜)
 Sergej Krivobokov指揮
 ニダロス大聖堂合唱団
 ラフマニノフ:晩祷(徹夜祷)

→先日の再放送、第三弾


【デンマーク(DR KLASSISK)】

・DR KLASSISKT

 8月9日(木) 19時〜21時(現地12時〜)
 ポール・ヒリヤー指揮
 アルス・ノヴァ
 W.バード:5声のミサ
 G.パレストリーナ:八つのマドリガル

→現エストニア・フィルの指揮者ポール・ヒリヤーの指揮による
  ちょっと被ってるけど、楽しみだから録音する予定


 8月11日(土) 03時〜05時(現地前日20時〜)
 フィリップ・ヘレヴェッヘ指揮
 リアス室内合唱団
 J.ブラームス:運命の歌
 J.ブラームス:アルト・ラプソディー
 A.ブルックナー:ミサ曲第3番

→興味深い所なのでこれも録音の予定


ラベル:北欧 ラジオ
posted by kiriboshidaikon at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ラジオ放送関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。