2007年07月28日

北欧ラジオ 7月30日〜8月5日

 8月に入りましたね。(予定が)
 暑いとすぐにばてるので、夏は苦手です。

 良い演奏が多く放送されているのを聴いていて、
 今まで聴いてこなかった事が、ひどく損な話だなと、
 改めて感慨に耽っております。


【スウェーデン(SR P2)】

 7月30日(月) 06時〜07時(現地前日23時〜)
 トニュ・カリユステ指揮
 スウェーデン放送合唱団
 ラフマニノフ:晩祷(徹夜祷)

→ラフマニノフの合唱作品として特に有名なこの作品の演奏
  エストニアが輩出した名指揮者カリユステ氏の指揮となれば大いに楽しみ


 7月30日(月) 17時03分〜19時半(現地10時03分〜)
 クラウディオ・アバド指揮
 スウェーデン放送合唱団、エリック・エリクソン室内合唱団
 ベルリオーズ:Tristia

→作曲時期の異なる3曲をオケ版で纏めた作品
  宗教的瞑想、オフェーリアの死、ハムレットによる葬送行進曲の3曲


 7月31日(火) 17時03分〜19時半(現地10時03分〜)
 Simon Preston指揮
 Church Cathedral Choir, Oxford
 ヴィヴァルディ:グローリア

 Anders Eby指揮
 スウェーデン放送合唱団
 シベリウス:Rakastava(恋する人)

→ヴィヴァルディのこの作品は、未だ決定的な演奏を聴けてないので期待
  シベリウスの作品は、元は男声合唱の作品だが、
  これはソプラノとバリトンと混声合唱によるものと思われる


 8月1日(水) 17時03分〜19時半(現地10時03分〜)
 Stefan Parkman指揮
 スウェーデン放送合唱団(1986)
 ラウタヴァーラ:マニフィカト

 エリック・エリクソン指揮
 エリック・エリクソン室内合唱団(1976)
 Vincenzo Albrici: Fader vår som är i himmelen

→アルブリチは17世紀のイタリアの作曲家
  スウェーデンで音楽活動をしていた時期もあり、
  ドレスデン宮廷ではシュッツの下で活動していたそうな
  上記の曲は、「天にまします我らが主よ」くらいの意味かと


 8月2日(木) 17時03分〜19時半(現地10時03分〜)
 Anders Öhrwall指揮
 スウェーデン放送合唱団(1985)
 シュッツ:マニフィカト

→シュッツはどうやら、スウェーデンで音楽指導を行っていた経験があるらしい
  不確定情報ながら(wikiによる)、レパとして演奏されるのに納得


 8月3日(金) 05時20分〜05時半(現地前日22時20分〜)
 トニュ・カリユステ指揮
 スウェーデン放送合唱団
 トゥビン:Aftonsång(夕べのうた)、Vaggvisa(子守唄)

→エストニア出身、スウェーデンで活動を行った高名な作曲家
  実は全く聴いた事がないので、かなり楽しみ


 8月3日(金) 17時03分〜19時半(現地10時03分〜)
 Fredrik Malmberg指揮
 スウェーデン放送合唱団(2003)
 マンチャルヴィ:Kosijat(嘆願者、求婚者?)

→2001年の作品で、日本では知られていない曲かと
  個人的にも未聴で、16声という大編成には興味あり


【ノルウェー(NRK Alltid Klassisk)】

 8月1日(水) 05時〜07時05分(現地前日22時〜)
 Eivind Aadland指揮
 Trondheim室内合唱団
 ヴェルディ:レクイエム

→先週の再放送と思われる


 8月2日(木) 00時〜02時03分(現地前日17時〜)
 Eivind Aadland指揮
 Trondheim室内合唱団
 ヴェルディ:レクイエム

→再放送の再放送だろうかと思われる
  正直、何回やるんだと感心


 8月2日(木) 05時03分〜07時05分(現地前日22時03分〜)
 Collegium Vocale, Ghent(Gent?)
 フィリップ・ヘレヴェッヘ指揮
 モーツァルト:レクイエム(ジュスマイヤー版)

→ごく最近の演奏で、2006年の録音
  ヘレヴェッヘ氏、正確にはヘレヴェーゲと読むようだが、
  ヘレヴェッヘの呼び名が人口に膾炙しているし、
  氏自身も認めているのでこう表記しておく


 8月3日(金) 02時25分〜04時半(現地前日19時25分〜)
 Sergej Krivobokov指揮
 ニダロス大聖堂合唱団
 ラフマニノフ:晩祷(徹夜祷)

→7月30日の録音で、大聖堂にて
  トロントハイムのニダロス大聖堂には四つの合唱団があるそうな
  しかし、晩祷の聞き比べでもしろと言う事だろうか


 8月4日(土) 00時03分〜02時(現地前日17時03分〜)
 Boris Abaljan指揮
 Lege Artis(室内合唱団)
 Arkhangelskij, Aleksander (1846-1924):三つの宗教曲
 Tsjesnokov, Pavel (1877-1944):In Days of Battle op. 45

→アルハンゲルスキーについては、こちらを興味深く読ませて頂いた
  チェスノコフにはwikiにページがある
  知らない作曲家でロシアは大きな世界だと改めて実感
  演奏家にも期待している


 8月4日(土) 17時〜19時(現地10時〜)
 Eivind Aadland指揮
 Trondheim室内合唱団
 ヴェルディ:レクイエム

→四度目の放送
  実は一回一回違う演奏だったら面白いのだが

タグ:北欧 ラジオ
posted by kiriboshidaikon at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ラジオ放送関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49153990

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。