2007年07月22日

北欧ラジオ 7月23日〜7月29日

 メモが追いついてません。(´・ω・`)ショボーン

 SRP2では、ほぼ毎日合唱の演奏が流れますね。
 それも現代曲がほとんどを占めてます。
 日本ではちょっと考えられませんね。羨ましい。

 今回も、海外の合唱団の演奏会を、丸々放送。
 合唱以外なら、日本でもわりとあるんですけどね…。

※7月26日に一部訂正いたしました
  7月28日、29日に見落とし分を追加しました


【スウェーデン(SR P2)】

 7月23日(月) 05時〜06時半(現地前日22時〜)
 Daniel Harding指揮
 スウェーデン放送合唱団&交響楽団
 モーツァルト:ハ短調ミサ

→曲については言及する必要がないかな
  指揮者の方、こちらに日本語の公式サイトが(驚き)
  今年の秋から、交響楽団の音楽監督に付くそうです


 7月23日(月) 17時03分〜19時半(現地10時03分〜)
 Heinz Holliger指揮
 Sydvästtyska radions vokalensemble
 シューマン:ミニョンのためのミサ

→この辺りの時代の作曲家は、実はかなり疎いです
  この合唱団、先週も聴きましたが、実力的にはかなりのもの
  もしかしたら、日本語名が分かったら「あー」となるのかも


 7月24日(火) 02時半〜04時(現地前日19時半〜)
 Bernard Haitink指揮
 BBC交響楽団&合唱団、ロンドン交響合唱団
 マーラー:交響曲2番「復活」

→合唱団については自信なし
  復活はほぼ未聴なので楽しみ


 7月24日(火) 17時03分〜19時半(現地10時03分〜)
 Stefan Darkman Stefan Parkman指揮
 スウェーデン放送合唱団
 ステーンハンマル:3つの合唱曲
 Lars-Erik Rosell:Mediterraneo(地中海)

→指揮者と、二人目の作曲家がいまいち分からないのが難点
 ステンハンマーのこの曲が聴けるのが楽しみ

※独立ページを書くまでロセルについてメモ
  wikiはこちら

・1944年の生まれ、スウェーデンの作曲家?
・リゲティと関係している?
・オルガニストでもある
・ストックホルム王立音楽院で教鞭を取っていた


※指揮者について、7月26日に訂正を加えました
  コメントで指摘があったためです。多謝。


 7月25日(水) 17時03分〜19時半(現地10時03分〜)
 エリック・エリクソン指揮
 オランダユース合唱団
 デュルフレ:Tota pulchra es, Maria
 カプレ:ミサ
 Alice Tegnér: Ave Maria
 Otto Olsson: De tempore vernali(Piae cantionesから2つの我々の歌)
 ブラームス:3つの宗教合唱曲

→オランダユースは京都のシンポジウムで来日した女声合唱団
  なかなか充実した内容で、必聴の類


 7月26日(木) 04時25分〜04時30分(現地前日21時25分〜)
 Mats Nilsson指揮
 スウェーデン放送合唱団
 プーランク:Exultate Deo

→フランスの作曲家プーランクの華やかな1曲
  ただ、この1曲だけというのはちょっと惜しい気も


 7月26日(木) 17時03分〜19時半(現地10時03分〜)
 エリック・エリクソン指揮
 オランダユース合唱団
 Hugo Hammarström: Kyrie.
 スウェーデン民謡?:Sion klagar med stor smärta.
 レーガー:3つの合唱曲
 プーランク:Petites voix
 ラウタヴァーラ:ロルカ組曲
 クーラ:Aftonstämning(夕べの情趣)
 アルヴォーン:Uti vår hage(わたしたちの牧場で)
 Jan Åke Hillerud:Värmland地方の曲
 リンドホルム:2つの歌
 ヴィレーン:Titania

→先日に続いてオランダユースの演奏会
  これまた、知ってる範囲でも力作が多く聴き応えは大いにあるだろう


 7月27日(金) 03時〜03時半(現地前日20時〜)
 Stefan Parkman指揮
 スウェーデン放送合唱団
 マルタン:二重ミサ

→まさに名曲の演奏
  この曲は期待せざるを得ない


 7月28日(土) 17時〜19時(現地10時〜)
 Anders Öhrwall指揮
 スウェーデン放送合唱団
 シュッツ:Saul, was verfolgst du mich?

→スウェーデン放送合唱団によるシュッツ演奏
  ちょっと珍しい気がするのでこれは期待(ry


 7月29日(日) 20時〜21時(現地13時〜)
 Dan-Olof Stenlund指揮
 スウェーデン放送合唱団(2004)
 Gunnar de Frumerie: Psalm 23(1954)

→フルメリはピアニスト、ピアノ関係の作曲でその才を発揮した模様
  合唱曲がどの程度あるのかは不明だが、一先ず楽しみにしておきたい


※見落とし分として7月29日(当日!)に更新しました


【ノルウェー(NRK Alltid Klassisk)】

 7月27日(金) 00時03分〜02時03分(現地前日17時03分〜)
 演奏者不明
 J.S.バッハ:Kantate 18, "Gleichwie der Regen und Schnee vom Himmel fällt"

→演奏家が分からない所が痛い
  予約を利用すれば、録音できなくも無いが…


 7月27日(金) 02時25分〜04時半(現地前日19時25分〜)
 Eivind Aadland指揮
 Trondheim 室内合唱団
 ヴェルディ:レクイエム

→基本的にマルタン優先で聴かない予定
  気が向けば、録音するかも知れない


 7月28日(土) 00時03分〜02時(現地前日17時03分〜)
 Robert King指揮
 The King's Conserts choir
 ミヒャエル・ハイドン:Requeim pro defuncto Archiepiscopo Sigismundo

→時間がダブってないので、何とか録音できそう
  演奏レベルは不明


 7月29日(日) 14時03分〜16時05分(現地07時03分〜)
 演奏者不明
 J,S.バッハ:Kantate nr. 80, ”Ein feste Burg ist unser Gott”

→これまた演奏者不明


※なぜか忘れていたので追加


タグ:北欧 ラジオ
posted by kiriboshidaikon at 22:25| Comment(3) | TrackBack(0) | ラジオ放送関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たまたま見かけて、興味深く拝見しました。私も同じことをやろうかと思ってたんですが、先を越されました。

さておき、7/24の指揮者はStefan Parkmanの誤植でしょう。この人はデンマーク放送合唱団(Danish National Choir)やデンマーク放送室内合唱団の指揮者で、CHANDOSレーベルからかなりの数のCDをリリースしています。
Posted by kunishima at 2007年07月24日 15:09
>kunishimaさん
コメント有難うございます。(ぺこり)

私としてはブログを拝見させて頂いて、やってみようかと思い立ったものですから、
先と言うよりは、後から参入した気分です。

未だ経験浅く知識の乏しい身ですので、
他の方もやってくれたら嬉しいなあと思う次第です。

誤植の指摘、有難うございました。訂正しておきました。
作ってる際に、Parkman氏とDarkman氏が居るのは不思議だよな、と思ったのですが、
そのまま調べなかったのが失敗でした。
Posted by kiriboshidaikon at 2007年07月26日 21:42
ハンバーグ 多面 ブログ として 打開するため 月は どんぐり しかし 人だった は
Posted by ブログ at 2007年08月29日 06:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/48906509

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。