2007年07月17日

メモ5 Goffredo Petrassi (作曲家)

 ゴッフレード・ペトラッシ
 イタリアの作曲家。指揮者としても名の知れた人だったようです。

 とは言え、指揮者としての功績に触れる機会は少なそうなので、
 タイトルの表記は作曲家のみとしています。


 こちらがwiki。あと、日本語でこんなサイトが。
 日本語ページが充実しているので助かります。
 上記のサイトの内容を抜き出しますと、


・1904年生まれ(2003年死去)
・作曲技法は新古典主義から出発する
 後に十二音技法や無調等を取り入れる
・ダッラピッコラ、シェルシと並んで20世紀イタリア音楽の三大巨匠と称えられる
・ペトラッシ国際作曲コンクール(パルマ)が存在する


 と、コンパクトでまとまった内容で紹介されています。

(本来、書き出す必要は無いのですが、
 自分がすぐ確認出来るようにと言う旨で書いてます。
 問題がある場合は、著作権者の方、ご連絡下さい)


【放送された作品】

 Nonsense〔ナンセンス〕 (1952)

→SRP2で放送された曲(こちら
 演奏はFredrik Malmberg指揮スウェーデン放送合唱団。

 混声、ア・カペラでなかなか不思議な曲です。
 不協和音の扱いに特徴がある、骨太な曲でしょうか。
 全体的に見ますと、なかなか激しい曲です。

 氏の作品で、代表的な作品の一つのようですが、
 無調や十二音技法が積極的に使われている様子はありません。
 wikiで指摘されているように、独特なその技法が窺われます。

 ペトラッシサイトでは幾つか音源へのリンクがありますが、
 こちらでナンセンスの演奏が聴けます。
 兄者が言うように、便利な世の中ですな。
 Nordic Voices の演奏で、これは拾い物。
 人数の関係で少し軽い演奏ですが、丁寧で、十分に楽しめる演奏です。


posted by kiriboshidaikon at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 個人メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。