2007年07月15日

メモ2 Per Nørgård(作曲家)

 読み名には諸説があり、ネアゴー、ネルゴー、ノアゴーなど。

 お世話になってる NORDIC FOREST さんとこはノアゴー、
 合唱サイトの大御所、和泉さんとこではネアゴーが採用されてます。

 ただ、北欧音楽入門(大束省三、音楽之友社)では、
 ペア・ノアゴーと表記されてると聞きましたので、
 このサイトではノアゴーでいっておこうかと。

(ネルゴーって書いちゃいましたけどね)

 デンマークの現代作曲家であり、
 NORDIC FOREST さんのとこを見ても、それなりに合唱曲があるので、
 今後も注目していきたいと思います。

※2007年、9月1日末に Nordic Music Days の紹介を加筆しました。

 
 氏の経歴については、HPがありまして、
 こちらで事細かに紹介されています。
 2007年度の Nordic Music Days にバイオグラフィがあったので、
 それも加えておきます。(こちら、いつまであるかは不明)


※ 正直未だ読めてないので(HP)、読んでから更新します
   本人も覚えてなさそーなくらい細かな事まで書いてますし

※ 北欧音楽入門も近いうちに読んで確認しておきます
   既読なんですが、頭にあまり残ってませんので

※ 以下には、Nordic Music Days の分を載せておきます

・コペンハーゲンのデンマーク王立音楽アカデミーで学ぶ
・上記は Vagn Holmboe と共に?(あるいは師事した?)
・初期には、シベリウスやニールセン、ホルンボーといった作曲家のノルウェーの様式に影響を受けた
・“infinity series”に基づくセリー音楽の技法を生み出す
・60、70年代の諸作品はその技法によって書かれた

・1974年にthe Nordic Council Music Award を受賞
・1996年に the Sonning Award を受賞している
・6つのオペラ、2つのバレエ音楽、6つの交響曲など多くの作品を書いた


【放送された曲】

 Singe die Gärten, mein Herz 〔さあ庭園の歌を〕 (1974)

→SRP2で放送された曲(こちら
 作曲された当時の演奏で、エリック・エリクソン指揮スウェーデン放送合唱団による。
 管打楽器+ピアノ版とピアノ版とがあり、放送は前者。

 10分ちょいの中くらいの曲ですが、
 冒頭のSinget(歌え)の繰り返しと言い、
 どこか鐘を思わせるような音が印象的で、
 優しい響きの曲です。

 編成がSSAATTBBと大きめになっているが、
 ピアノ版で演奏してみてみたい気がします。


posted by kiriboshidaikon at 02:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 個人メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/47845417

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。