2006年08月30日

旅先で 2

 更新が完全に死に絶えていました。
 原因は明確です。我らが関西の暑さが原因。
 この一月は完全にばててました。

 富士山登頂も、わりときましたね。
 実際に登ってるときも倒れかけましたし、
 貧弱で売っている私には荷が重たかったかな。

 他にも外出のネタがあって、忙しかったのもありますが、
 それによる疲労の方が圧倒的に問題でした。

 生存報告も兼ねて、先月の記録を書き残しておきたいと思います。


 さて、富士山登頂です。
 目指すは頂上の御来光。
 深夜からの出発で、仮眠を取ってからの出発です。

 深夜の11時ごろだったでしょうか。
 五合目よりの登頂を始めます。


・人を嘗めさせる六合目

 写真の名前を見て思い出します。
 比較的なだらかで、草すら生えていた五〜六合目間。
 ハイキングコースとしては、安倍大滝より楽です。

 この時点で既に、ジュースの価格は高騰しています。

NEC_0027.jpg


・天空の美しさ

 星をこれだけ美しい姿で見たのは、久しぶりでした。
 この辺りで見た星空の美しさは、記録に残せないが残念で、
 無駄だと思いつつ、何度もカメラを覗いてしまいました。

 雲も目線の位置に降りてきています。
 オーロラのように重なり合う雲の美しさ。
 空には光の神々しい姿がちらつき、
 地上には歩く人々の光の道。

 富士には夜に登るに限る。


・そして現れた地獄の使者、七合目

 六合目の写真が撮られたのはおよそ0時ジャスト。
 そしてこの写真が撮られたのは2時40分。
 写真が夜のため、見づらいとは思いますが、
 勝手に既に3000mを超えています。
 …七合目、恐ろしい子。

 この時に使った、身体的、そして精神的疲労こそが、
 私を徐々に蝕んでいくのです。

NEC_0024.jpg


・まだまだ余裕はある八合目

 六〜七合間に比べると、
 まだ八合目までは余裕があります。
 呼吸面でも限界にはまだ遠いため、
 ここで一息つける次第です。

 ただ、それは後付の理解であり、
 ここをわりと早めに出ていったのは誤りでした…。

NEC_0043.jpg


・わりとむかつく絵

 特にコメントはありません。

NEC_0040.jpg


・わりと限界の来ていた九合目

 八合目と九合目の間で、太陽は昇りきります。
 上がっちゃったよ太陽、という気分もあってか、
 この辺りでかなりきました。
 空気の問題もあるとは思いますが。

 この時の富士の様子はまとめて後で貼りますが、
 よく撮ってられたなあ、といまはただ感心するのみです。
 逆に言えば、あの写真の美しさだけが、心の頼りでした。

NEC_0048.jpg


・険阻たる最後の山道を越え…

 そして、十合目へ到達。
 最後の道は本当に長かった。
 達成感以上に疲労がきて、
 到着のメールを数人送った後、死ぬように寝ました。

 仮眠のときにあまり眠れなかったこともあり、
 ほとんど高山病に罹っていたのでしょうね。
 連れの意見によれば、相当青白い顔をしていたようです。

 しかし、富士山は山の上からメールできるんですねえ。
 これにはいたく感心した。障害物がないのはわかるけども。


・という流れの中で

 夜が明けてしまってからの富士山を放出ー。

NEC_0064_9gou.jpg

NEC_0083.jpg

NEC_0088_kage.jpg

NEC_0091.jpg

 で、以下の分が、富士山の噴火口ですね。

NEC_0108.jpg


 頂上の風の強さに参ってしまったり、
 下山中はノリノリで歌ってたりしましたが、
 まあ、それはまた別のお話。

 とりあえず、富士山は登る山じゃなくて、見る山なんだ、と、
 格言が臓腑に染み渡った登山でした。
 また登りたいなあ。(反省の色なし)


posted by kiriboshidaikon at 17:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
4枚目の写真がとても印象深いです。
ご丁寧に英語でもメッセージを頂けるとは。

美しい天空の風景、羨ましいです。
Posted by うぃるるるる。 at 2006年08月30日 22:58
>うぃるるるる。さん
あの野暮ったさは驚くべきですよね。
青菜に塩、ナメクジに塩、って感じでした。

空の美しさはホントに素晴らしかったです。
空気が薄いと、やっぱり良いですよね。
機会があったら、また山にでも一緒に登りましょう。>私信
Posted by kiriboshidaikon at 2006年09月01日 00:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23021353

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。