2006年05月31日

伊丹で過ごすGW ― 初日 Vier

 長かったこの課題曲講習も、
 メインになるであろうこのM4で終わりです。

 というか、M4を聴きに来たのだと言うことを、
 この辺りで既に忘れかけていたのでは。
 生半可な講義の数倍は集中しましたし。

 自分の千原ファンの威信にかけても、
 ここを半端に出来ないのが、実につらいところ。

 …残り、35分もあるんですよねー、録音。

プレセミナー[全日本合唱コンクール課題曲講習] へ
posted by kiriboshidaikon at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 講習会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月30日

久しぶりに駄文なぞ

 えー、同じような内容が長々と続いてつまらん、
 との意見を承りましたので(オフラインで)、
 推敲を行わない垂れ流し型の駄文を書いてます。

 真面目に書ける時期は張り切って書けば良いんですが、
 読んで下さる方にとっては苦痛だったりしますし、
 その辺り、のんびり書いた方が良いんだな、と
 すこし勉強になりました。

 講習会報告も、課題曲講習が次の更新で終わり、
 一つの区切れになると思われます。
 続きを書くのか、それとも他のものを書き進めるのか、
 今のところちょっと考え中です。

 まあ、ぶっちゃけますと、余すストックはM4の報告だけで、
 また更新が止まりそうだと、そんな危惧が。
 書くとなると、どうしても資料を探すことになりますし、
 部屋の掃除が進まない私には胃の重たい話です。

続きを読む
posted by kiriboshidaikon at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006/5/27 京都クラウディオ・モンテヴェルディ合唱団 第36回定期演奏会

 この合唱団も、シュッツ合唱団と同じくらい付き合いが長いです。
 最初に演奏会に行ったのは、第29回定期演奏会ですね。
 こちらを見ていただければわかることですが、
 年数にして四年目ですし、それを聞けば、
 なんだ、長いと言ってもたかが知れてるじゃないか、
 と思われるかもしれません。

 しかし、演奏会が年に二回のペースで開かれていて、
 この合唱団の音楽を聴く機会を、いままで多く持てています。
 その辺りが、長い付き合いを私に思わせるのでしょうね。

 聴けば聴くほど、
 この合唱団は印象が変わります。
 メンバーの変動もあるでしょうが、
 それは成長と呼ばれるべきものなのじゃないかなと、
 そう思っています。

 今回もそうであったことを、
 報告させていただきたいと思います。

演奏会報告へ
posted by kiriboshidaikon at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 演奏会速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月28日

伊丹で過ごすGW ― 初日 Drei

 引き続き講習の報告です。
 結局、M1、M2、M3と順番通り、
 一つ一つ報告していっている状況です。

 これ以外の講習では、まあこういった区切りもありませんし、
 二時間講習で一つのエントリー、と言った形で、
 報告をしていくことになると思われます。

 こんなに長くなるのはこの講習だけ…のはず。
 他も長くなったら、筆者の体力が先に尽きます。

プレセミナー[全日本合唱コンクール課題曲講習] へ
posted by kiriboshidaikon at 23:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 講習会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月27日

伊丹で過ごすGW ― 初日 Zwei

 課題曲講習が、思いのほか長くなっています。

 他の講習(実技系)と違って二時間が知識の塊ですし、
 丁寧に書き留めておこうと思うと、
 省きづらい面も多くなっているようです。

 なかなか、色々な人に指導を受ける機会というのは少ないもので、
 こういった機会で多くのことを学び取っていきたい、
 そう思う次第なのであります。少し長くても仕方がない。
 少しじゃないとこは笑って許して。

 …という訳で、このエントリーでも引き続き、
 課題曲講習・男声の続きを行っていきたいと思います。

プレセミナー[全日本合唱コンクール課題曲講習] へ
posted by kiriboshidaikon at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 講習会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月26日

伊丹で過ごすGW ― 初日 Eins

 ≪プレセミナー [全日本合唱コンクール課題曲講習]


 さて、本論です。

 今回の講習会では、珍しい体験、楽しいイベントも多かったですが、
 シンプルに音楽の先輩に学べたと言う意味では、
 初日午前のプレセミナーは重要な講習でした。

 手元に譜面があり、モデル合唱団による演奏も聞きながら、
 尊敬できる諸先輩の解釈、手法を学べる。

 歌い手として、大いに学ぶところあった講習会でした。
 なるべく丁寧に録音を聞いて、報告しようと思いますし、
 その分長くなってしまったのですが、
 この点は仕様がないかな、と思います。許してください。

 ちなみに私は、男性の部に参加させていただきました。
 混声の部は、こちらなどで報告されています。
 混声も興味がありましたが、千原先生の作品目当てでこちらになりました。

プレセミナー[全日本合唱コンクール課題曲講習] へ
posted by kiriboshidaikon at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 講習会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月25日

伊丹で過ごすGW ― 導入

 GWは、東京が熱いです。
 動員数が凄まじい、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン。
 多くの合唱団が集う、Tokyo Cantat。

 昨年までは、羨ましそうに指を加えて、
 関西で過ごしておりました。

 しかし、今年はワークショップが伊丹で行われるのです!
 GWの予定は、この一事で埋まったも同然です。(というか埋まりました)

 今回は、昨年来日したオルフェイ・ドレンガーの指揮者、
 ロバート・スント氏が講師として参加してくれました。
 北欧の合唱の現場にいる氏から、多くのことが学べるだろうと、
 今回のメインに(心の中で)据えて、楽しみにしていた次第です。

続きを読む
posted by kiriboshidaikon at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 講習会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月18日

雑感更新

 書きたいことはたくさんあっても、
 気楽に書き流せる内容はそれ程ありません。
 というか、そもそもネット上に上げる文章で、
 適当に書くってのもまあ、あれですが。(すいません)

 これからの更新なのですが、
 幾つか並行して書き進めながらストックを溜めてみる。
 そんなスタイルで、当分は書き進めておきたいな、と思います。
 というのも、最近、どうも忙しい日々が続いているのです。

 定期的に書く習慣がないので、すぐに更新が止まりますし、
 書置きがないので、一回ごとの更新に時間がかかっています。
 効率よく更新するためにも、そういったスタイルを、
 築いてみようかと思った次第です。

 今日も書きたいことを一つ思い出し、
 うずうずしながら、この雑文を書いています。
 書き上げるには時間がないので、
 少しだけ書いて、今日は寝ることにしますが。(健康第一)

ちょっとした話題へ
posted by kiriboshidaikon at 00:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月16日

GW講習会報告なぞ

 …ホントは、そろそろうpされて然るべきなのですが。
 なんと言うか、順調に滞ってます。
 なんだろう、このいつも通りな感じは。

 伊丹で開かれた、全日本合唱連盟主催の企画、
 第十六回ワークショップに参加してきました。

 詳細の報告に関しては、また後日。
 この報告が、閲覧する誰かの役に立ってくれたら、
 正直嬉しいですね。

 まあ、なんと言ってもこのブログは備忘録、
 将来の自分への財産として、しっかり書かせていただきます。

ちょっとだけ追記
posted by kiriboshidaikon at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。